Top
スライド管凹出し(YTR-333)

スライド管before(YTR-333) ↑凹出し前
  YTR-333の第2ピストンについてるスライド管(『第2スライド管』と呼ぶ)が凹んでいたので、凹出しにチャレンジした。第2スライド管は、ちょっと出っ張った感じなので、何かの拍子に当てたりすることは多いようだ。(割と中古で、凹んでいるものをよく見かける)簡単なスライド管の凹出しについては、そこそこ自分でもできる。自分の場合は、壊れたアンテナ(ポータブルのテレビかラジオのものだったと思う)を使って出したが、先の丸くなってる丈夫な金属製の棒があれば、それを使えば、十分できるはずだ。(第2スライドは問題なくできるが、管が長くなってくるほど凹んでいる場所によっては、アンテナのように棒状のものを使う限り、困難になってくる)
  自分の場合は、左手で凹んでるスライドを固定して、右手てアンテナの丸まった部分で凹みを内側から押した。アンテナよりもスライド管の方が柔らかいので、凹んだ部分が押し出される。分からない程はきれいにはならないまでも、遠目ではそんなに気にならない位にはできた。あくまでも素人の応急措置的なものなので、仕上がりは期待しない方が良いかも。くれぐれも目を突く等、危険なマネはしないこと!
(これによって生じる、いかなる不利益も補償いたしませんので、トライされる方は自己責任でお願いします) スライド管after1(YTR-333)
↑凹出し後
スライド管after2(YTR-333) ↑取り付け後
リンク